YOUTUBEで話題になっている動画などを紹介しています。

【速報】トンガ 大規模火山噴火で津波観測 日本で津波被害の心配なし(2022年1月15日)

【速報】トンガ 大規模火山噴火で津波観測 日本で津波被害の心配なし(2022年1月15日)
南トンガ諸島で15日午後1時10分ごろに起きた大規模な火山噴火で気象庁は、日本では若干の海面の変動はあっても津波被害の心配はないと発表しました。

 現地メディアなどによりますと、15日午後、トンガ近くにあるフンガトンガ・フンガ・ハアパイ火山で大規模な噴火が発生しました。

 噴火に伴って津波が発生し、オーストラリアの気象局によりますと、トンガで1.2メートルの津波を観測したということです。

 気象庁は日本では若干の海面の変動はあっても津波被害の心配はないと発表しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

相次ぐ火山の大噴火 1月15日 フンガ・トンガ フンガ・ハアパイ火山 5月28日 カムチャツカ半島 ベズィミアニィ火山 6月7日 ルソン島ソルソゴン ブルサン火山 1993年「平成の米不足」は1991年ルソン島ピナツボ火山噴火による冷夏の影響だった。

噴火で気圧波、高速で海押し上げ 津波早く日本に、トンガ海底火山(共同通信)  今年1月に南太平洋・トンガ沖にある海底火山フンガ・トンガ―フンガ・ハアパイの大噴火で2種類の気圧波が生じ、海面が高速で押し上げられて予測より早く津波が日本付近に及んだ上、波の勢い…

噴火で気圧波、高速で海押し上げ | 共同通信 今年1月に南太平洋・トンガ沖にある海底火山フンガ・トンガ―フンガ・ハアパイの大噴火で2種類の気圧波が...

噴火で気圧波、高速で海押し上げ (デイリースポーツ) 今年1月に南太平洋・トンガ沖にある海底火山フンガ・トンガ-フンガ・ハアパイの大噴火で2種類の気圧波が生じ、海面が高速で押し上げられて予測より早く津波が日本付近に及んだ上、波の… 速報 #ニュース ニュース速報

フンガ・トンガってララフェル プレーンフォーク男性だなとかぼんやり考えてました

【衝撃】トンガの島が吹き飛ぶほどの巨大噴火で約59万回もの落雷が確認される 今年1月に南太平洋にあるトンガのフンガ火山で発生した噴火の影響で、59万回以上の落雷が引き起こされたことが判明。また、…

フンガ・トンガ=フンガ・ハアパイの噴火からもうちょいで半年ぐらいなんだけど、その時に成層圏に排出された硫酸エアロゾルってまだかなりあるんだろうか? エアロゾルが凝結核となる→大気中の水分がより多く液体・固体化→太陽光が平常時より多く散乱 …って仮説を立ててみる。

フンガ・トンガの噴火も戦争のインパクトで忘れてますが今年ですし、蝗害も影響大でした。天候不順とかも加味すると来年以降はかなり地獄だと思います。

貼り付けた画像のこと言ってるのかな? 場所が分かるように他の島を入れたので画像の上部にあります。 Google earth自体で「フンガ・トンガ」とか「フンガハーパイ」で検索すればすぐ出てきますよ。

"フンガ・トンガ-フンガ・ハアパイ火山の噴火による潮位変化のメカニズム等の分析結果と情報発信の運用改善について" via

1月にあれだけ大規模な噴火をしたフンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ火山だけど、いまでは近くに寄れて火山学者が泳いでる

4月7日。気象庁「フンガ・トンガ-フンガ・ハアパイ火山の噴火による潮位変化のメカニズム等の分析結果と情報発信の運用改善について」。噴火津波、潮位の予測は困難。 経営税務情報はこちらでお伝えしていきます。

【報道発表】(R4.4.7)フンガ・トンガ-フンガ・ハアパイ火山の噴火による潮位変化のメカニズム等に関し、「津波予測技術に関する勉強会」での分析結果が取りまとめられました。また、当面の対応としている情報発信について、報告書を踏まえた運用の改善を行…

場合によっては、これよりも早く到達する可能性があります。令和4年1月15日に発生したフンガ・トンガ-フンガ・ハアパイ火山の大規模噴火においては、13時10分頃に噴火し、父島二見(火山から約7,000km)で通常の津波の到達予想時刻より