YOUTUBEで話題になっている動画などを紹介しています。

トンガに津波襲来 広範囲で停電、他の被害状況不明(2022年1月16日)

トンガに津波襲来 広範囲で停電、他の被害状況不明(2022年1月16日)
 トンガでは1.2メートルの津波が観測され、広い地域で停電が起きているということですが、けが人など被害の状況は分かっていません。

 映像は15日にトンガで撮影された映像です。津波が押し寄せ、街が浸水していく様子が確認できます。

 現地メディアなどによりますと、日本時間の15日午後、トンガ沖にあるフンガトンガ・フンガ・ハアパイと呼ばれる海底火山で大規模な噴火が発生しました。

 噴火に伴って津波が発生し、オーストラリアの気象局によりますと、トンガでは1.2メートルの津波が観測されました。

 広い地域で停電が発生しているということですが、今のところけが人など被害の状況は分かっていません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

国際宇宙ステーション(ISS)から撮影された、トンガの海底火山「フンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ」の噴火にともなう噴煙です。この画像が撮影された時刻から1日半ほど前の日本時間1月15日13時頃、フンガ・トンガ=フンガ・ハアパイで大規模な噴火が発生。この噴火は潮位変動を引き起こし、

2022年1月のトンガ海底火山噴火、成層圏の水蒸気量を10パーセント増加させた可能性 - sorae 宇宙へのポータルサイト こちらは、日本時間2022年1月17日4時半頃に国際宇宙ステーション(ISS)から撮影された、トンガの海底火山「フンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ」の噴火に…

20世紀最大の噴火であるピナトゥポ火山 噴火雲125,000km2(半径200km) 排出CO2 約600万t トンガ諸島フンガ・トンガ=フンガ・ハアパイの噴火 噴火雲212,365km2(半径260km) 排出CO2 約1320万t…

「フンガ・トンガ噴火は、かつてないほど大規模な破局噴火だ!大量の火山灰で太陽の光が遮られて、今年はものすごく寒い夏がやってくるぞ!」と、しばらく前に言われていたので、冷夏を心配していたのに、実際やってきたのは、6月で38度の熱帯みたいな蒸し暑さ…

あなたフンガ・トンガの大噴火で寒冷化するっていいましたよね?

【報道発表】(R4.6.21)フンガ・トンガ-フンガ・ハアパイ火山の噴火による潮位変化を踏まえ、「火山噴火等による潮位変化に関する情報のあり方検討会」(第3回)を6月28日に開催します。オンライン傍聴申し込み方法等は以下URLです。 いのちとく…

噴火で気圧波、高速で海押し上げ | 共同通信 今年1月に南太平洋・トンガ沖にある海底火山フンガ・トンガ―フンガ・ハアパイの大噴火で2種類の気圧波が...

>今年1月に南太平洋・トンガ沖にある海底火山フンガ・トンガ―フンガ・ハアパイの大噴火で2種類の気圧波が生じ、海面が高速で押し上げられて予測より早く津波が日本付近に及んだ上、波の勢いも増幅された可能性があるとの分析結果を、防災科学技術研究所などのチームが…発表した。

噴火で気圧波、高速で海押し上げ 津波早く日本に、トンガ海底火山(共同通信)  今年1月に南太平洋・トンガ沖にある海底火山フンガ・トンガ―フンガ・ハアパイの大噴火で2種類の気圧波が生じ、海面が高速で押し上げられて予測より早く津波が日本付近に及んだ上、波の勢い…

噴火で気圧波、高速で海押し上げ (デイリースポーツ) 今年1月に南太平洋・トンガ沖にある海底火山フンガ・トンガ-フンガ・ハアパイの大噴火で2種類の気圧波が生じ、海面が高速で押し上げられて予測より早く津波が日本付近に及んだ上、波の… 速報 #ニュース ニュース速報

【衝撃】トンガの島が吹き飛ぶほどの巨大噴火で約59万回もの落雷が確認される 今年1月に南太平洋にあるトンガのフンガ火山で発生した噴火の影響で、59万回以上の落雷が引き起こされたことが判明。また、…

フンガ・トンガ=フンガ・ハアパイの噴火からもうちょいで半年ぐらいなんだけど、その時に成層圏に排出された硫酸エアロゾルってまだかなりあるんだろうか? エアロゾルが凝結核となる→大気中の水分がより多く液体・固体化→太陽光が平常時より多く散乱 …って仮説を立ててみる。

フンガ・トンガの噴火も戦争のインパクトで忘れてますが今年ですし、蝗害も影響大でした。天候不順とかも加味すると来年以降はかなり地獄だと思います。

貼り付けた画像のこと言ってるのかな? 場所が分かるように他の島を入れたので画像の上部にあります。 Google earth自体で「フンガ・トンガ」とか「フンガハーパイ」で検索すればすぐ出てきますよ。

"フンガ・トンガ-フンガ・ハアパイ火山の噴火による潮位変化のメカニズム等の分析結果と情報発信の運用改善について" via