YOUTUBEで話題になっている動画などを紹介しています。

Junko Ohashi – 別れのワイン (1976) [Japanese Jazz Fusion]



Junko Ohashi – 別れのワイン (1976) [Japanese Jazz Fusion]
If you like what you hear, please support the artist:
https://www.cdjapan.co.jp/product/UPCY-6528
https://tower.jp/item/2562647/PAPER-MOON

https://itunes.apple.com/jp/album/paper-moon/372359411?l=en
https://www.discogs.com/artist/2177562-Junko-Ohashi

TRACK INFO:
別れのワイン [Wakare no Wine/The Wine of Farewells] by 大橋純子 (Junko Ohashi). From the 1976 album Paper Moon. Audio sourced from the 1994 CD remaster.

SONGWRITER CREDITS:
作詞: 伊藤アキラ / Lyrics: Akira Ito
作曲, 編曲: 樋口康雄 / Music, Arrangement: Yasuo Higuchi

DISCLAIMER:
I have purchased this song legally, but do not own any copyright. All copyright goes to the original artist and record label. If you are the rights holder and wish for this video to be taken down, please contact me and I will immediately comply.

宙組カルトワイン もえこちゃんフリオとさくらちゃんアマンダとの別れのシーンは、イチャラブではないけど、胸キュン。ふにゃっと優しく笑うことが多かったフリオの感情が強く出た場面…ドキドキしながら見守った。 ラストの幼馴染同士のシーンもいい。なんだかんだでお互いズッ友なのがいい!

基本的に「別れのワイン」だとすると、大好きな美術品をダメにしたとか? 刑事コロンボ

警視-K  原田芳雄登場回はまるで別れのワイン(刑事コロンボ)を思わせる味ある趣き。そしてもう一方のK小池朝雄との最終回では勝新vs.刑事コロンボと言っても過言ではない丁々発止な対決振りで、胸のときめきが止まらない。でもこのK対決、座頭市対用心棒と…

暢子の「最高の褒め言葉さー」に夫がうん?ってなって、それはコロンボが言うなら分かるけど…と別れのワインの話を始めたので一旦録画を止めた ちむどんどん

返信ありがとうございます☺ スピルバーグ監督の 「構想の死角」に酔いしれ ゲストスターの ロバート・カルプ ジャック・キャンディの 「指輪の爪あと」 「魔術師の幻想」唸り 世界中のファンが愛する 「別れのワイン」 そして壮大なスケールの 「策謀の結末」まで 刑事コロンボは たまりません☺

こんな時間ですが、白ワイン様と涙の別れ🍷。。(一方的に🥲) これから別件で特訓なのです お酒はたまに我慢すると、より美味しくなるってものですよね!🥲✨

刑事コロンボ・シリーズ 主演 ピーター・フォーク ゲスト主演、ドナルド・プレザンス 🍷🍾🍷「別れのワイン」 🟠〈VIDEO〉🟣 ⬇  ⬇  ⬇  ⬇   🟢

なんでだか金ローはコロンボのイメージで記憶してるんですよねー(別れのワインと、祝砲の挽歌は録画してたビデオ何回も見たなー)

昨日が月曜日であることなど、竹井には無関係だ。 気の向くままに旅から旅に向かう男、それが竹井である。 フランスワインを嗜み自然派レストランで小腹を満たした竹井は、同伴者と別れを告げて、また、足跡を消し、次の旅に向かうのである。 な…

昨日が月曜日であることなど、竹井には無関係だ。 気の向くままに旅から旅に向かう男、それが竹井である。 フランスワインを嗜み自然派レストランで小腹を満たした竹井は、同伴者と別れを告げて、また、足跡を消し、次の旅に向かうのである。 なんということだッ! 竹井ッ! これが竹井の生き様だ!

14年前の今日、突然死した彫り師の元彼 思い出させてくれたのは次男でした 私は呑めないけど、ワインのカクテルと遺品のヴィヴィアンのライター 貴方は無茶したよね 知ってるよ 突然の別れは寂しかったよ 亡くなった年齢を私は追い越そうとしてる 私はまだ生きてる 今日だけ泣かせてね

今日は片付けの処分費もらいに行ったら、手間賃を頂いてしまった。それは自分持ちと言う話だったのに、どこまで親切なんだ。ちょうどワインを持って行ってたので、なんとか格好が付いたけれども。あと、愛猫家仲間だった。あまりに別れが悲しくて本物かと思うような縫いぐるみで我慢してるそうな

「オールウェイズ」観る。 本当にスピルバーグとは合わない。思えばコロンボの時から合ってない。この映画と「別れのワイン」「忘れられたスター」並べたら、足元にも及ばないんだもの。 というかダルトン・トランボが原点として「ゴースト」の方が良く出来てないか?似たような展開だし

生れた時代もちがうのに ムカシの言葉に笑う君に オレは近づいて 傷つき倒れるけもののように みじめな姿をさらすオレを 君はだきしめ 時間を進めて 君を君を愛せば 別れのワインもおぼえて 愛のつづきを読む「今を生きる」

おはようございます(*^^*)☀ 昨夜は高校時代の吹奏楽部の先輩友人と食事会 イタリア映画祭🇮🇹の事を紹介しておきました 配信で見たいと言ってました🤗 ある日、ローマの別れ フレンチ&イタリアンのお店 先輩のスープラに乗せてもらって久しぶりにワイン🍷飲みました🤗🥰💕